メンテナンスを軽くするポイント

メンテナンスに手間のかからない庭づくりを実現するために必要な基本的なポイントをご紹介しています。

植栽スペースを絞り込んでグラウンドを整備する

写真

レンガ、自然石、ウッド素材など異素材をバランスよく 組み合わせたアウトドアリビング

露地面が庭の大半をしめていると、その分雑草が生えやすく、乾燥すると土ぼこりも舞いやすくなるので、メンテナンスの手間がかかってしまいます。そこで、 植栽スペースを計画的に絞り込み、思い切ってグラウンド資材で庭を整備してみましょう。ひと部屋ふやす感覚で、ウッドデッキやテラスを設ければ、アウトド アリビングとして活用できます。また敷石やレンガの小道や飛び石を設けたり、砂利敷きにしたりすれば、歩きやすく清潔感もありお客様にも好印象でしょう。 整備する際は段差を少なくして、ステップはできるだけゆるやかにし、つまづきにくい環境に整えることがポイント。資材を敷く前に、雑草防止シートを施して おけば、目地などからの雑草の繁殖が防げます。資材は、家の外観にマッチするカラートーンや素材を選び、トータルコーディネートを心掛けたいもの。レン ガ+自然石、ウッド+砂利といったように異素材を組み合わせるとよりデザイン性が高まります。


手入れがしやすいよう機能性を高める工夫をする

写真

人工木材のデッキ。ウッド素材の質感を保ちながら、定期 的に必要な防腐剤の塗装などのメンテナンスを省ける

庭の手入れがしやすい環境づくりについてご紹介しましょう。植栽スペースは、奥行きを50〜60cm前後にするのが理想。雑草取りや、枯れた花や葉の処分 をする時に手が届きやすいからです。腰をかがめるのが億劫なようなら、レンガなどを積み上げて土を盛った花壇を作り、花壇の縁に腰掛けて手入れできるよう な環境をつくるとよいでしょう。
また、植物の水やりやグラウンドの掃除がしやすいような位置に立水栓をレイアウトすることもポイント。毎日の水 やりが面倒であれば、自動灌水機を導入するのもひとつの方法です。タイマー式の自動灌水機なら決まった時間に水やりしてくれますし、旅行などで長期不在を する時などにも便利です。


写真

花壇を一段高くしてレイズドベッドにした例。
ベンチのように腰掛けて、腰に負担がかからず植物の手入れ ができる

写真

自動灌水機を導入すれば、毎日の水やりの手間を省ける。 旅行などで家を長くあけても安心


グラウンドカバープランツを利用して緑量をキープする

地面を資材で埋めてしまうのは、人工的すぎる印象があるので、ある程度は緑量を保ちたい、と考えている方には、グラウンドカバープランツの利用がお勧めで す。名前の通り、地面を覆うようにして這い広がる植物のことをいいます。芝生がいい例ですが、シバは芝刈りなどメンテナンスがかかるのも事実。そこで、比 較的管理の手間がかからない、多肉植物のセダムや、リュウノヒゲ、アジュガ、ヒメツルソバ、カキドウシなどを選ぶとよいでしょう。地面を覆いつくし、グ リーンのみずみずしい空間をキープしてくれます。

ページトップへ

玄関ドア・引戸/窓

玄関ドア・引戸

シャッター・面格子

勝手口ドア・引戸

キッチン・浴室・洗面化粧室・トイレ

システムキッチン

浴室

洗面化粧室

トイレ

インテリア建材

室内ドア・引戸

収納

床・階段・手すり

エクステリア

門扉

フェンス

車庫・カーポート

バルコニー

屋根・外壁材

屋根材

外壁材

外装タイル

高性能住宅工法

高気密・高断熱・高耐震住宅工法

耐震補償付き構造体

高断熱パネル

ビル・店舗用建材/厨房設備

カーテンウォール

玄関ドア・窓・シャッター

業務用厨房機器

公共向けエクステリア・トイレ

大型門扉

大型フェンス

駐輪場

手すり

トイレ